ロシアの共同墓地から発見されたモンゴル軍に虐殺された痕跡が残る13世紀の家族の遺骨

NO IMAGE
skull-and-crossbones-77950_640_e
Image by Peter Dargatz from Pixabay

 1238年、モンゴル軍がロシアのヤロスラヴリの町を襲撃、大虐殺が行われた。

 占領中、おびただしい数の住民たちが残虐な方法で殺された。今、DNA分析によって、犠牲となった3世代に渡る家族の悲劇が垣間見えてきた。 続きを読む

カラパイアカテゴリの最新記事